神田にある歯医者・歯科医院│インプラント│ファイバーコア ポスト

神田にある安心と信頼の歯医者・歯科医院[相川歯科医院]
予約電話番号:03-5256-0517
東京都千代田区神田須田町1-10-1 Y.S須田町ビル7階

現在位置 : ホーム > 診療内容

診療内容



インプラント治療
インプラント治療のイメージ写真当院では、ITIインプラント(ストローマン社製)を用いております。世界中でその安全性と実績が評価されているインプラントです。 事前に口腔内診査および全身状態の問診を行わせて頂き、適応症と判断される場合に治療計画を立てます。必要な症例においては、関連の専門医(東京駅八重洲口近く、メディカルサテライト八重洲クリニック)にCT撮影を依頼いたします(別途18,000円から24,000円を負担して頂きます)。 抜歯が必要な場合は、抜歯後1から3ヶ月でインプラントを埋入します。その後、数回の通院の後、中断します。実際にインプラントが使えるようになるのは、埋入してからほぼ4ヶ月(症例により多少前後します)後になります。

よく患者さんからインプラントの手術は大変かと質問を受けますが、心配にはおよびません。きれいな環境での処置が求められるために、口腔内および顔面部の消毒を行い、滅菌オイフ等をかけたりしますが、局所麻酔下で通常は1時間程度で終了します。多くの場合、抜歯直後からインプラントが使用できるまでの期間中、審美的また機能的な目的で仮歯を入れることが可能です。前歯がなくて困ると言うようなことは基本的にはありません。 補綴物(被せ物)は前歯部および臼歯部共にセラミックス冠を装着します。ただし、臼歯部の場合、くいしばりや歯軋りが著しい患者さんにおいては金属冠を装着する場合があります。原則として、補綴物は無理な力が加わり破損した場合の補修や、天然歯との間にスペースが開いた時の接触関係の修正に備えて仮着(撤去可能な装着の仕方)しておきます。そのようにしておくことで、咬み合わせが変化した場合にも比較的簡単に対応することが可能です。

ファイバーコア ポスト
ファイバーコア ポストのイメージ写真虫歯の進行やその他の理由で歯の神経をとる場合があります。また、以前の治療でそういった処置がすでに行われていることも多く見うけられます。 一般に、神経をとった歯は、神経が健康な状態で残っている歯に比べて、その強度が下がるとされています。また、冠をかぶせようとしても、残っている歯質が少なく維持が効かない場合が多くみられます。歯の強度を保ち、冠の維持を良くする目的で、従来はメタルコアまたはレジンコアが用いられてきました。もちろん、それなりの治療効果はあるのですが、残っている歯質が少ないケースや咬合力の強い患者さんにおいては歯根破折を起こしてしまうことがあります。歯と金属等の硬さやしなり具合の違いが主な原因とされています。

欧米では90年代初頭からそれらに代わる材料として『ファイバーコア ポスト』が使われ始め、その有用性が報告されてきました。2003年9月に日本でも認可され、臨床で用いることが認められました。いわば『歯にやさしい土台』の登場です。以来当院では、自費治療においては前歯部臼歯部を問わず、例外なく『ファイバーコア ポスト システム』(ペントロン コーポレーション)を用いています。歯根破折を完全に防げるわけではありませんが、従来のものに比べて有意の差があると思います。金属をまったく用いないため、光の透過性が高く『オールセラミックス』と組み合わせることにより、天然歯の持つ自然な透明感を再現することが可能になります。また、従来のメタルボンドでは、時間の経過とともにしばしばみられる、いわゆる『ブラックマージン』(歯頚部が黒くなる)を防ぐ効果もあります。もちろん金属アレルギーの患者さんにもきわめて有効な材料です。ちなみに費用は当院においては最終補綴物に含まれています。